<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

12月1日にリリースした松下トオルのソロアルバム
“Blie SlipOn -ブルー・スリッポン-”
iTunes Storeにて販売開始しました。

>>iTunes Store 松下トオル

d0190516_2271663.jpg

モグラにて二度目の今沢カゲロウさんのオープニングアクトをつとめさせてもらったメジロのライブ。
今回のカゲロウさんの出演者を昆虫に例えてみよう、松下はクツワムシでございました。
汚れた空気と水で死んでしまうそうです。
わつしさんのライブリーク(公認!?)からの映像です。
感謝!




by torinos_studio | 2011-01-16 19:22 | EVENT
レコーディングを担当させてもらっている“牛窓デート”、
その元になる牛窓町観光協会様のイベント
“牛窓デート”にPAで行って来ました。
海からの真冬の風が吹き荒ぶ極寒のイベントとなりましたw
スタジオ内でもヒーターのそばを離れないmarcoちゃん、
本当に良くがんばってました。
演者のみなさんも観客のみなさんも
その寒さも含めて楽しんでいるようで、
フェリーが行き来する海を背に、夕陽の中素敵なイベントでした。
OHKさんの取材も入っていて、イベントと共に
CDもたくさんの方に広まっていくことを祈ってます。

野外での音楽ステージ終了後、牛窓きらり館の中でふるまわれた
熱々のマッシュルームと牡蠣のシチューが本当においしかった!
夜には花火も見られるとのことだったのですが、
夜のレコーディングに向けて、早々帰路につきました。

次回の“牛窓デート”は、2月19日(土)です。

d0190516_20132678.jpg

d0190516_20133033.jpg

d0190516_20133718.jpg

d0190516_20134224.jpg

d0190516_2014727.jpg

by torinos_studio | 2011-01-15 20:55 | EVENT
「Blue SlipOn?なんでこのタイトル…?」
という感想を、実は少なからずいただきました。
無理矢理なんだけどこの言葉、スペースの場所を一箇所変えると
Blues lip on
ブルースを唇に…
みたいな意味になるんです。
(誰か気づいてくれたかな…)

僕も10代の終わりから20代前半にかけて、ブルースを非常に好んで聞いていた時期がありました。
そこにいたアーティストをひたすらアイドル的な存在として追いかけ、ルーツミュージック的なものを演奏し続けることが自分の性分には合わなかったので、時間とともに色々アプローチを変えるけれど、その時期に聞いた音楽は間違いなく自分の大きな財産です。
このタイトルもまた、僕が影響を受けた偉大なアーティストへのオマージュです。

>>>続き…
Blue SlipOnの1曲目“Graceful Tone”は、
この曲に現れる言葉で、ずっと心に焼きついていました。
PAVEMENT、そしてStephen Malkmusに出会った時の興奮もまた色褪せない経験です。
もう随分昔の話。
僕はGracefulToneを、10年前くらいに書きました。
それは、ある意味PAVEMENTへのオマージュでした。

SILENCE KID
Lyric:Stephen Malkmus

無口な子は知り過ぎている
彼はヒントをくれない
何も思い出させてくれない
無口な子よ
走るために 力に頼っちゃいけない

無口な子よ 君に言っておきたいんだ
君のその優雅な響きを失わないで
(Don’t lose your graceful tone)

以下略…





  

そしてこの曲は…
久しぶりに観たくなって借りてみた。
本当に素晴らしい作品だと思う。
戦時中のプロパガンダに利用された“雨ニモ負ケズ…”。
それでも正しく伝播してゆく尊い魂をそこに見る。
エンドロールだけで涙腺がゆるむのは僕だけじゃないはず。


by torinos_studio | 2011-01-09 14:54 | LOU
2011年最初のステージは、ファジアーノサポーターのパーティーでした。
サポーター、デスペラードの皆さん、一緒にステージに上がってくれたメンバー、本当ありがとうございました。





メンバー、ピカちゃん紹介。まさかの…
by torinos_studio | 2011-01-08 19:32 | EVENT
音楽配信サイト“viBirth”にて、松下トオル“BlueSlipOn”がFeatureArtistにピックアップされています。

d0190516_13453987.jpg

とにかく素晴らしい経験だった。
忘れないように覚え書き。
サポーター、デスペのみんな、一緒にステージに上がってくれたメンバー、ありがとうございました。
ステージ上でサポーターのみんなに揉みくちゃにされたあの瞬間。
忘れません。

d0190516_6124775.jpg

d0190516_613677.jpg

d0190516_6132139.jpg

d0190516_6132818.jpg

d0190516_6133525.jpg

by torinos_studio | 2011-01-02 21:00 | MOBILE